台風に備えて 建物の確認


今年の台風は発生数、日本列島に接近・直撃する数とも例年より多くなっています。
9・10・11月は通年発生する台風の約3分の1が生まれる時期なので油断できません。

ここでは簡単にできる台風対策を紹介いたします。
台風が近づいてきたら、早めに対策を講じて
雨や強風に備えておきましょう。

tatemono_myhome02

《 屋根 》
・ひび割れ、ずれはがれの確認

強風によって瓦がずれた部分から瓦がはずれたり
ひび割れ部分から浸水するおそれがあります。

自宅の瓦が飛んで、他人に被害を与えた場合
損害を賠償しなくてはなりません。
トラブルを避けるためにも保全に努めましょう。

 

《 窓 》
・雨戸やシャッターを閉める

強風による飛来物によって窓ガラスが割れる危険があります。
雨戸やシャッターを閉めて備えましょう。

窓ガラス飛散防止フィルムを張るのも効果的です。
飛来物対策だけでなく、地震時、人や物がぶつかってしまった際にも役立ちます。
(窓ガラスが割れることを防ぐことはできませんが…)

 

《 雨樋 排水溝 》
・葉っぱやゴミなど、詰まりが無いか

強い雨が降る台風に備えて、雨樋や排水溝が機能するよう
詰まりがないかチェックしましょう。

また、台風が過ぎた後も、台風による飛来物が詰まっていないか
確認しておきましょう。

 

《 屋外 ベランダ 》
・物干し竿や鉢植え、自転車などを安全な場所に移す

強風によって飛ばされる可能性のあるもの
飛ばされてきたものによって損傷する危険のあるものは
できるかぎり屋内や風の影響の少ない場所にうつしましょう。

看板など屋外から動かすことができないものについては
針金で固定、補強するなどしておきましょう。

 

 

台風が来る前だけでなく、台風が過ぎた後も確認をし
問題が生じていないかチェックしましょう。