自分で出来る雨季の点検

『自分で出来る点検確認』

梅雨は家が傷みやすい季節です。
適切な点検をして住まいの健康を守りましょう。

lgi01a201408112200

●屋根、瓦
《 確認ポイント 》
・瓦のずれ、破損
・塗装の劣化

屋根、瓦の傷みを確認しましょう。
瓦がずれたり、割れたりしていると、下地に水が浸透して
雨漏りするおそれがあります。
建物から少し離れて見える範囲で確認してください。
※屋根に上っての確認は危険なので専門業者に任せましょう。

 

●ベランダ、バルコニー
《 確認ポイント 》
・ベランダの水はけに問題がないか
・ひび割れ、隙間がないか

ベランダ傷み、排水を確認しましょう。
水がきちんと排水されていないと、豪雨などでベランダに水がたまり
建物の内部に浸水するおそれがあります。
バケツなどで一度にたくさんの水を流して確認してみましょう。

 

●壁
《 確認ポイント 》
・壁にひび割れがないか
・腐食してる部分はないか

家の周囲をまわって壁に傷みがないか確認しましょう。
ひびや腐食部分から水が浸透し、建物の内部が傷むおそれがあります。
特に窓などの開口部と接している部分は傷みやすいので注意して見てみましょう。

 

●雨どい
《 確認ポイント 》
・割れていないか、ひびが入っていないか
・きちんと水が流れているか(ゴミなどのつまり)
・金具、継目ずれの確認

雨どいがきちんと機能しているかの確認しましょう。
雨水が正しい導線で排水されていないと、屋根やベランダなどに水がたまり
浸水、雨漏りにつながるおそれがあります。
ホースなどで屋根の上に放水して確認するのも良いでしょう。
水が流れているかどうかは雨のときに確認をすると経済的です。

 

高所の点検は危険が伴いますので、ぜひ私どもにお任せください。
点検費用は一切かかりません。
お気軽にお問い合わせください。